出版事業

月刊「武道」バックナンバーのご案内

cover

月刊「武道」2018年4月号毎月28日発売

心技体 人を育てる総合誌

武道各種目の特集、武道界の最新ニュースなど、武道を中核にすえ、教育、教養、健康をテーマとした連載多数。

編集・発行公益財団法人 日本武道館
定価545円(税込)
定期購読料

1年間6,540円(送料込)

半年間3,270円(送料込)

今月のおすすめ

  • 各界有識者3氏による
    巻頭リレーエッセイ

    「奥の細道」の魅力ある人々
    アナウンサー 加賀美幸子

  • 道場を訪ねて

    「講談社 野間道場」
    古流武術研究家 横瀬知行

  • 色紙に書く座右の銘

    「守・破・離」
    パナソニック株式会社
    取締役会長 長榮周作
    ※各界著名人が座右の銘を揮毫。色紙は、読者の方に抽選でプレゼントします。

  • 祭りのこころ

    出町子供歌舞伎曳山祭り
    祭り写真家 芳賀日向

  • 表紙画

    木色咲耶媛と石長媛
    画 中村麻美

今月の特集・企画

  • 巻頭対談「道を極める」:
    「世界をつなぐ柔道─2020年東京五輪に向けて─」/高村正彦・山下泰裕

好評連載中!

  • 充実した人生を送るために─後輩に伝えたいこと:第16回
    剣道と人間形成/飯島英胤
  • 幕末維新英傑伝:第4回
    理想主義者烈公と弘道館/菅野覚明
  • 明治武士道とルーズベルト大統領:最終回
    武家の統領・ウイリアム3世の気骨と品性(3─3)/丸屋武士
  • 人生に生かす武道力:第4回
    冷静に自分を見つめる第3の目/大野裕
  • 武道の可能性を探る:第109回
    大学相撲部で思うこと/細谷辰之
  • 剣道の文化誌─剣術・撃剣・剣道、その文化としての成り立ち:第4回
    「しない」の継承と普及─疋田景兼「廻国記」の検討を中心に/長尾進
  • 文士の一分=武道を想う日々:第30回
    才能についての考察/増田俊也
  • 私の歩む武の道:最終回
    自成道を歩む/時津賢児
  • 死ぬまで弓道:第4回
    遠的に救われること─遠的はお好きですか?─/小牧佳世
  • 私の稽古法:第25回
    合気道/堀井悦二
  • 空手道─その歴史と技法:第13回
    本土における唐手の広がり─戦前─/和田 光二
  • マンガ・武道のすすめ:第128回
    少林寺拳法発祥の地・多度津③ 70周年そして未来へ/田代しんたろう
  • 中学校武道授業の充実に向けて:第113回
    つまずきをどう克服したか⑥ なぎなた─「替えて」授業を目指して/一戸町立一戸中学校
  • 文部科学省だより:
    「武道等指導充実・資質向上支援事業」の取組について /高橋修一
  • 武道授業実践の概要紹介:
    曽於市立末吉中学校における武道授業の実践紹介/曽於市教育委員会
  • 非常を愛する非常人・後藤新平:第1回
    童門冬二

随筆

  • 格式高い美しさ/川瀬信子
  • テランガ(おもてなし)という文化/宮澤高広
  • 尺八と合気道/クリストファー遙盟

武道カレンダー

4・5月の主な行事

特別寄稿

「生涯武道」でマレーシアに暮らす/谷田茂

今月のニュース

武道振興大会
武道議員連盟総会
全日本短剣道大会
少林寺拳法創始70周年記念レセプション
日本武道学会創立50周年記念式典

バックナンバー