武道の振興・普及

こども武道憲章

 武道(ぶどう)は、日本(にほん)古来(こらい)武勇(ぶゆう)(とうと)ぶという精神(せいしん)()けつぎ、(なが)歴史(れきし)(なか)でつちかわれ、発展(はってん)してきた伝統文化(でんとうぶんか)です。
 武道(ぶどう)は、礼儀正(れいぎただ)しさを()につけ、(わざ)をみがき、心身(しんしん)をきたえ、りっぱな(ひと)になるための修業(しゅぎょう)方法(ほうほう)です。
 わたしたちは、(わざ)稽古(けいこ)試合(しあい)()()けだけを目的(もくてき)にするのではなく、武道(ぶどう)(ただ)しく理解(りかい)して、このすばらしい日本(にほん)伝統文化(でんとうぶんか)(たい)(せつ)にしなくてはなりません。
 これからも武道(ぶどう)(あい)し、修業(しゅぎょう)(つづ)けていくために、わたしたちが(こころ)がけなくてはならないことを「こども武道憲章(ぶどうけんしょう)」として(かか)げ、これを(まも)ります。

(目 的(もくてき)第 一 条(だいいちじょう)

武道(ぶどう)は、(わざ)をみがくことによって心身(しんしん)をきたえ、(つよ)くたくましく、勇気(ゆうき)(おも)いやりと正義感(せいぎかん)をもった、社会(しゃかい)役立(やくだ)(ひと)になることをめざします。

(稽 古(けいこ)) 第 二 条(だいにじょう)

稽古(けいこをするときは、先生(せんせい)(おし)えや礼儀(れいぎ)(まも)り、基本(きほん)大切(たいせつ)にし、(わざ)だけではなく、(こころ)(からだ)(とも)にきたえるよう、一所懸命(いっしょけんめい)にはげみます。

(試 合(しあい)) 第 三 条(だいさんじょう)

試合(しあい)演武(えんぶ)では、ふだんの稽古(けいこ)(ちから)()しきってがんばり、()()けや結果(けっか)だけにこだわらず、節度(せつど)ある真剣(しんけん)態度(たいど)でのぞみます。

(道 場(どうじょう)) 第 四 条(だいよんじょう)

道場(どうじょう)は、(わざ)をみがき、(こころ)(からだ)をきたえる場所(ばしょ)として、規則(きそく)礼儀(れいぎ)(まも)り、清潔(せいけつ)安全(あんぜん)(こころ)がけます。

(仲 間(なかま)) 第 五 条(だいごじょう)

道場(どうじょう)仲間(なかま)大切(たいせつ)にして、お(たが)いに協力(きょうりょく)し、はげましあいながら、(たの)しく稽古(けいこ)し、さらに(おお)くの仲間(なかま)をつくります。

平成十六年九月十六日制定
日本武道協議会