出版事業

日本武道館発行の単行本

兵法家伝書に学ぶ

目白大学准教授
加藤純一 著

柳生宗矩が寛永九年(1632年)に著した、柳生新陰流の兵法思想書「兵法家伝書」。
一人の悪を殺す殺人刀から、万人を活かす活人剣へ、そして最後は、敵も味方も、相手も自分もない、自由自在の無刀の剣へと発展昇華する宗矩の兵法論を、難解な専門用語を一つ一つ解明しながら読み進める。宗矩の真髄に迫る、著者渾身の一書!

四六判・上製・344頁
2,400円+税
内容
  • 【『兵法家伝書に学ぶ』目次】
  • 第1章 進履橋
  • 第2章 殺人刀 上巻
  • 第3章 活人剣 下巻
  • 第4章 無刀之巻

購読はこちら