出版事業

日本武道館発行の単行本

女子柔道の歴史と課題

筑波大学体育系准教授
山口 香 著

 世界トップレベルの活躍をする日本女子柔道。これまでどのような道を辿ってきたのか、草創期から競技化そして現在までの歴史を、元メダリストである筆者の体験を踏まえて詳説する。
 後半は女性の視点から、女子が抱える心身の問題、女子を指導する際の注意点、将来のキャリア形成などについて論じ、さらなる発展の道を探る。柔道関係者・武道指導者必読の一冊。

四六判・上製・412頁
2,400円+税
内容

目次

  • 第1章 女子柔道の夜明け
  •  女子柔道の始まり
  •  日本女性が受け継ぐ「柔の道」
  • 第2章 競技化への軌跡
  •  世界への扉が開かれた第1回世界女子柔道選手権大会
  •  世界を目指した苦心の戦い
  •  福岡国際女子柔道選手権大会の歴史と意義
  •  女子柔道の五輪参加
  • 第3章 世界のトップへ
  •  田村亮子の出現――新たな時代の幕開け――
  •  大会の新設と整う強化ライン
  •  実業団の取り組み――三井住友海上女子柔道部と柳澤久監督――
  •  アテネ五輪での快挙――吉村和郎が伝えた勝利への執念――
  • 世界選手権を振り返る
  • 第4章 柔道先端国と後進国、それぞれの事情
  •  フランスの女子柔道事情
  •  世界の女子柔道――イスラム圏――
  • 第5章 女子選手特有の問題
  •  柔道指導における男女の性差
  •  先輩選手から学ぶ問題解決の糸口
  •  セクハラを中心とした倫理規定の必要性
  • 第6章 引退後のキャリア
  •  女子柔道選手引退後のキャリア――指導者――
  •  日本女子柔道倶楽部という試み
  •  女子柔道選手引退後のキャリア――海 外――
  • 第7章 女子柔道の未来を探る
  •  メダリストたちからのメッセージ
  •  歴代全日本女子監督に聞く
  • 資料編
  •  データで見る女子柔道競技の変遷
  •  福田敬子(講道館女子九段)・梅津勝子(講道館女子八段)講演
  •  年表・日本女子柔道界のあゆみ

購読はこちら