出版事業

日本武道館発行の単行本

日本の元徳

東京大学大学院教授
菅野覚明 著

 「人が身につけるべきとされてきた徳(よさ)には、古来、さまざまなものがあります。仁義礼智信、正直、勤勉、忠孝、愛、勇気など、人々は数多くの徳を願い、求めてきました。そうした多くの徳の中で、これこそは主要な徳だと考えられたもの、それを「元徳」と呼びます。
 本書は、過去の日本人が重んじてきた徳目をあらためて吟味し、「元徳」を考えていく手がかりを得ることをめざします。」(本文より)

四六判・上製・334頁
2,400円+税
内容

目次

  • 第一章 秩序と和合
  •     惻隠の心
  •     敬─「うやまい」「つつしみ」
  •     清浄
  •     礼―天地の序
  •     倹約―均衡・調和の知恵
  • 第二章 世の中の一員として
  •     孝─百行の本
  •     孝(続)―親子の真実
  •     勤勉─世のため人のための徳
  •     義─人間の条件
  •     信義─公共の精神
  •     分別─大人の道徳
  • 第三章 自己を育てる
  •     誠─修行の思想
  •     忠─普遍的価値への奉仕
  •     和─『憲法十七条』の精神
  •     克己・忍耐─現代に最も必要な徳
  •     定心・存心・正念─正気に返れ
  •     怨望─日本人の弱点
  •     勇─肉体に根ざす徳
  •     仁─生命そのものの徳
  •     志─人生の司令塔
  •     『教育勅語』の徳目
  • 第四章 修養の目標
  •     男一匹─新渡戸稲造の修養論
  •     すてきなひと─女性らしさの徳
  •     三種の神器─政治家の徳
  •     老木の花─亀の甲より年の功
  •     無私─徳の大きさ
  •     中庸─「普通」こそが究極の徳

購読はこちら