出版事業

日本武道館発行の単行本

柔道の国際化

講道館図書資料部長
村田直樹 著

 講道館柔道を創始し、自ら柔道を世界に広めるため尽力した嘉納治五郎。嘉納の意思を受けて海外雄飛した、講道館を代表する高弟たち。彼らは如何に、どのよ うな思いで、普及に取り組んだのか。数々の資料を繙き、柔道が世界的な競技となるまでの、先達の足跡をたどる。そして、そこから見えてきた運動文化の国際 的普及における課題とは。

四六判・上製・552頁
2,400円+税
内容

目次

  • 第1章 普及への意思
    • 柔道史の原点
    • 欧州教育事情視察
  • 第2章 海外への進出
    • 米国大統領の入門
    • 新大陸へ派遣第2号
    • 異種格闘技に生きた前田光世
    • 英国柔道の基礎―武道会
    • 武道会を訪れた嘉納と高弟会田
    • 小泉が語る英国柔道史
    • 仏蘭西への道
    • メトード・カワイシとは何か
    • 駐仏日本国大使杉村陽太郎
    • 続々と仏蘭西へ
    • 海外より見た柔道―独逸通信
    • 東洋への進出
    • 異文化理解の容易なさ
  • 第3章 国際柔道連盟の結成
    • 国際柔道連盟結成の前夜
    • 嘉納逝き連盟成らず
    • 欧州から国際柔道連盟の結成
    • 講道館長、国際柔連会長に就任
    • 世界柔道選手権大会開催
    • 東京五輪招致成功
    • 東京五輪と正式種目柔道
    • パリの仇
    • 体重別に勝ち、無差別に散る
  • 第4章 道とスポーツ
    • 日本の後退 欧州の前進
    • 変わり行く柔道
    • 不易流行

購読はこちら