出版事業

日本武道館発行の単行本

武の素描

埼玉大学教授
大保木 輝雄 著

「武」は「戈を止むる」にあらず、「障害をものともせずどんどん突き進む」こと。武道の本質に迫る著者の体験的武道論。

四六判・上製・220頁
2,000円+税
内容
  • ■第1章 武道と生きる力
  • 1.「たたかいの意味」
  • 2.武の復権をめざして
  • 3.非日常としての武道
  • ■第2章 武道の「場」が意味するもの
  • 1.間・場・気について
  • 2.「身を捨てる」こと
  • 3.「プレッシャー」と「気」
  • 4.呼吸(イキ)・全身の丹田化
  • 5.「いづい病」からの脱出
  • 6.体験智としての気
  • ■第3章 二十一世紀にむけて
  • 1.二人の先人に学ぶ-嘉納治五郎と山岡鉄舟-
  • 2.大自然から学ぶ
  • 3.古流の「型」から学ぶ
  • 4.異文化の中の剣道
  • 5.鍛々美に至る

購読はこちら