出版事業

日本武道館発行の単行本

武道における身体と心

神戸学院大学教授
前林清和 著

「近世武芸書」に残された日本の伝統的心身論を読み解き、全人的教育を目指す武道のあり方を提言する著者渾身の一書。

四六判・上製・370頁
2,400円+税
内容

【プロローグ】  武道に学ぶホリステリックな身体 目次

  • 【第1章】    日本人の身体観の源流ー中世ー
  • 第一節      武士の覚悟
  • 第二節      禅と悟り
  • 第三節      能楽の稽古
  • 【第2章】     武道の心
  • 第一節      不動心
  • 第二節      武道の悟り
  • 第三節      駆け引き
  • 第四節      目付
  • 第五節      瞑想
  • 【第3章】     武道の気
  • 第一節      気とは何か
  • 第二節      気の歴史と武士
  • 第三節      勝負と気
  • 第四節      天道と心気
  • 第五節      静と気
  • 第六節      達人と気
  • 【第4章】     武道の技と心身
  • 第一節      武道の「型」
  • 第二節      柳生の技
  • 第三節      武蔵の技
  • 第四節      竹刀打込剣術
  • 第五節      心法重視の型剣術
  • 第六節      柔よく剛を制す
  • 第七節      矩
  • 第八節      鍛錬
  • 【第5章】     人をつくる武道
  • 第一節      現代剣道の技と人間形成
  • 第二節      佐川派大東流合気武術の技と修行
  • 第三節      身を処する
  • 第四節      死と生

購読はこちら