出版事業

日本武道館発行の単行本

高め合う剣道

筑波大学名誉教授
佐藤成明 著

 先達が心血を注いで残した「教育剣道の灯」を、正しく受け継ぎ、次代へ正しく受け渡すために、教育剣道の実践者として長年の経験をもつ筆者が、古今の文献を手掛かりに日々の修錬で大事な事柄を綴る。
 これからの剣道の在り方、すべての剣道を学ぶ者が「互いに学び、高め合う剣道」の在り方を考えるために必携の一書。

四六判・上製・564頁
2,400円+税
内容

目次

  • 第一章 剣道小史――剣技・剣術・剣道の歴史
  •  一、奈良時代~江戸中期――闘争の技術から竹刀剣術の誕生まで
  •  二、江戸時代中期以降~現在――剣術から剣道へ
  • 第二章 剣道と教育
  •  一、教育に関する基礎知識
  •  二、「三育思想」
  •  三、「教育基本法」と「学習指導要領」
  •  四、「礼」の教育について
  • 第三章 自分史を繙く
  •  一、佐藤家略史
  •  二、 私の小学校時代
  •  三、私の中学校時代
  •  四、私の高等学校時代
  •  五、私の大学4年間――体育教師を志して
  •  六、指導者としての第一歩を踏み出す
  •  七、 指導者としての修行と剣道の国際的普及
  •  八、「教育剣道の灯」を受け継ぎ、受け渡すために
  • 第四章 剣道の特性と剣道指導の在り方
  •  一、剣道の特性と在り方
  •  二、剣道指導の在り方
  •  三、『風姿花伝』から発達段階に応じた指導を考える
  • 第五章 「稽古」――学習と指導
  •  一、基本動作
  •  二、基本の稽古法
  •  三、応用動作
  •  四、稽古への取組方と方法
  •  五、剣道における形の重要性
  • 第六章 試合について
  •  一、試合(一)――先達の文献から
  •  二、試合(二)――剣道の「術理」
  • 終 章 高め合う剣道
  •  一、稽古の意義と心得
  •  二、剣道に関する古今の訓え
  •  三、互いに学び高め合う教育剣道のために

購読はこちら