出版事業

出版事業

心技体 人を育てる総合誌 月刊「武道」12月号

cover

月刊「武道」とは

「心技体 人を育てる総合誌」のキャッチフレーズの下、武道そのものを中核にすえ、教育、健康、教養を三本柱に連載物を企画。文部科学省だより、各組織活動記事・大会ニュースともども、武道指導者のよき指導の手助けとなる誌面構成となっています。

毎月28日発売
定価:545円(税込)

詳細はこちら

掲載内容

  • リレーエッセイ/川田順造
  • 充実した人生を送るために ― 後輩に伝えたいこと/白水政治
  • 武道は人を幸せにする道です ― 武道指導者へのメッセージ /小野晋也
  • 武道とは何か/湯浅晃
  • 武道の可能性を探る/木下唯志
  • 歴史に学ぶ日本人の叡智/小和田哲男
  • 文士の一分=武道を想う日々/増田俊也
  • 私の歩む武の道/時津賢児
  • 私の稽古法/弓道・小原裕幸
  • 空手道─その歴史と技法/嘉手苅 徹
  • マンガ・武道のすすめ/田代しんたろう
  • 中学校武道授業の充実に向けて/九度山町立九度山中学校
  • 文部科学省だより/高橋修一
  • 武道授業実践の概要紹介/人吉市教育委員会
  • 随筆・武道各団体のひろば・大会ニュース
  • 政宗の遺言/岩井三四二

バックナンバー

今月のピックアップ

●ニュースカラーグラフ
第65回全日本剣道選手権大会

毎年11月3日に行われ、剣道家の憧れの大会である全日本剣道選手権大会。今年は西村英久選手が決勝で九州学院の先輩でもある内村良一選手を破って2年ぶり2度目の日本一に輝きました。12月号では見所の多かった大会の模様を巻頭のカラーページで特集します。

●武道とは何か 最終回
武道概念のまとめ─新時代の武道・少林寺拳法を手がかりとして

戦後に生まれ発展した少林寺拳法。開祖・宗道臣は、これを中国から移植・移入したものであると語る。この新たな武道の創造も含めて、現代武道の概念についてまとめたい。(本文より)

●歴史に学ぶ日本人の叡智 最終回
失敗の経験を糧にした武将たち

失敗したり、負けたりすることはいやなことである。ところが、昔の人はそういう経験が必要だと説いている。挫折をし、壁にぶちあたることで、人間として一まわり、ニまわり成長することを知っていたのである。戦国武将たちの失敗や敗北の経験から学んでみたい。(本文より)

武道ニュース(無料公開)

img_budonews2017_06

月刊「武道」に掲載のニュース欄を、無料公開しています。
パソコン、iPhone、iPad、Androidで閲覧できます。一部広告ページを含みます。

2017年6月号

    • 平成29年全日本柔道選手権大会
    • 第32回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
    • 第61回全日本銃剣道優勝大会

詳細はこちら

武道館発行の単行本

月刊「武道」・単行本のご意見・ご感想をお待ちしています

ご意見・ご感想はこちら

月刊「武道」・単行本のご注文はこちら

ご購入はこちら