出版事業

出版事業

心技体 人を育てる総合誌 月刊「武道」5・6月号

月刊「武道」とは

「心技体 人を育てる総合誌」のキャッチフレーズの下、武道そのものを中核にすえ、教育、健康、教養を三本柱に連載物を企画。文部科学省だより、各組織活動記事・大会ニュースともども、武道指導者のよき指導の手助けとなる誌面構成となっています。

毎月28日発売
定価:本体505円(税別)

詳細はこちら

掲載内容

  • 巻頭リレーエッセイ:第161回 惻隠の心/菅野純
  • 色紙に書く座右の銘:自己実現/河村博
  • 日本の名城:第17回 宇和島城/萩原さちこ
  • 武士の精華 武具光燿:第17回 紺糸威南蛮胴具足/望月規史
  • 日本人の心根を考える:第22回 「いかり」について/竹内整一
  • 幕末維新英傑伝:第29回 板垣退助⑴―武勇と侠気の人/菅野覚明
  • 私の修業時代:第2回 剣道 佐藤成明
  • 充実した人生を送るために─後輩に伝えたいこと:第41回 剣道、落語で大事なもの/柳家小団治
  • 武道の可能性を探る:第134回 伝統芸道に親しむためのコンピュータアプリケーション/横窪安奈
  • 武士道の教えを武道指導に生かす:第2回 国譲りの神話/太田文雄
  • 乱世の教育:第5回 庶民も子供たちに教育を施していた/小和田哲男
  • 武道で少年少女を立派に育てよう―安全で楽しく充実した武道指導―:第5回 弓道の現状と課題/桑田秀子

 

  • 四股探求の旅 第20回 ぶつかり稽古その2/松田哲博
  • 合気道─その歴史と技法:第14回 稽古法と理念/植芝守央
  • 私の稽古法:第50回 古武道/葭谷努
  • マンガ・武道のすすめ:第153回 讃岐の地に少林寺拳法総本部①/田代しんたろう
  • 武道ツーリズムの輪を拡げよう:第8回 金沢での武道ツーリズムの取組/増井国光
  • 中学校武道授業の充実に向けて:
  • 第137回 つまずきをどう克服したか30 これまでの柔道授業実践を通して/熊本県合志市立西合志南中学校 教諭 米田輝彦
  • 文部科学省だより:
  • 令和2年度 学校体育、運動部活動、子供の体力向上関係事業等について/関伸夫
  • 複数武道種目授業実践の紹介:「武道推進モデル校」事業を活用した複数種目(柔道・少林寺拳法)の実践/茨城県筑西市立下館南中学校 教諭 永井孝始

バックナンバー

今月のピックアップ

●巻頭特別対談「道を極める」

「いて欲しい国、いなくては困る国、日本に」/櫻田謙悟・高村正彦
櫻田謙悟経済同友会代表幹事をお迎えし、高村正彦日本武道館会長と対談を行いました。「いて欲しい国、いなくては困る国、日本に」をテーマに、櫻田氏の剣道との出会いから今日に至るまでの半生を振り返っていただきました。今後、日本が世界に必要とされる国になるためにはどうするかを語っていただきました。是非、ご一読ください。

●新連載 「私の修業時代」 第1回 柔道 山下泰裕

今月号より「私の修業時代」と題して、自身の武道との出会い、師の教え、思い出の試合などについて執筆いただきます。第1回は山下泰裕全日本柔道連盟会長にご執筆いただきました。是非、ご一読ください。

●新連載 「武士道の教えを武道指導に生かす」第1回 古事記に見られる武の神/太田文雄

今月号より「武士道の教えを武道指導に生かす」のタイトルで、全24回にわたり、武道指導者に向けて役に立つ、教育・指導論について、太田文雄東京都剣道連盟倫理委員にご執筆いただきます。是非ご一読ください。

武道ニュース(無料公開)

月刊「武道」に掲載のニュース欄を、無料公開しています。
パソコン、iPhone、iPad、Androidで閲覧できます。一部広告ページを含みます。

2020年3月号

    • 日本古武道演武大会
    • 全国剣道指導者研修会
    • 少林寺拳法師家承継式
    • 中学校武道授業推進特別研修会(少林寺拳法)

詳細はこちら

武道館発行の単行本

月刊「武道」・単行本のご意見・ご感想をお待ちしています

ご意見・ご感想はこちら

月刊「武道」・単行本のご注文はこちら

ご購入はこちら