出版事業

日本武道館発行の単行本

伝えたい日本のこころ

絵と文
中村麻美

月刊「武道」の美しいカラー表紙絵の中から45点を精選。岩絵具で描いた日本画と解説文で「日本のこころ」をお届けします
「ひとに愛されたい、必要とされたい、社会をよくするため役立ちたい。よき人間でありたい、そしてみんなが幸せであってほしい」──こうした万国共通の願い、祈りを育て、磨くためにも、確かな手がかりとなるすばらしい逸話ばかりです。(本書「あとがき」より)

F4判・上製・96頁
2,700円+税
内容

目次

  • 一 かしこい小僧さん
  • 二 ひよどり越え
  • 三 天の石屋戸
  • 四 巌流島の決闘
  • 五 太田道灌と少女の歌
  • 六 三本の矢の教え
  • 七 山中鹿介―我に七難八苦を与えたまえ
  • 八 良寛さまと筍
  • 九 民を慈しむ仁徳天皇
  • 十 中江藤樹―母への薬
  • 十一 夫の危機を救う弟橘媛
  • 十二 良子斎王―別れの御櫛
  • 十三 桜井駅の別れ
  • 十四 八俣の大蛇
  • 十五 川中島の戦い―謙信と信玄
  • 十六 紅梅内侍と鶯の宿
  • 十七 新羅三郎義光―笙の秘曲を授ける
  • 十八 小松姫―夫の居城を守りぬく
  • 十九 青の洞門
  • 二十 鍋島直茂と接ぎ木
  • 二十一 小林虎三郎―米百俵の精神
  • 二十二 島津義弘―関ヶ原敵中突破
  • 二十三 光明皇后―千人のからだを洗う
  • 二十四 城戸俊三―勝利を捨てて愛馬を救う
  • 二十五 松坂の一夜
  • 二十六 柳に飛びつく蛙
  • 二十七 称名寺『青葉の楓』
  • 二十八 神武天皇ご東征
  • 二十九 本多忠朝とサンフランシスコ号
  • 三十  つるべの朝顔
  • 三十一 野中兼山―海に捨てたはまぐり
  • 三十二 鉢の木
  • 三十三 因幡の白うさぎ
  • 三十四 堪忍のわび証文
  • 三十五 橘曙覧『独楽吟』
  • 三十六 南総里見八犬伝
  • 三十七 吉田松陰の志
  • 三十八 鳥居強右衛門の勇気
  • 三十九 明智光春―誉れの湖水渡り
  • 四十  赤穂義士の討ち入り
  • 四十一 頼朝を助けた梶原景時
  • 四十二 真田幸村―大坂の陣
  • 四十三 天照大御神と美し国・伊勢
  • 四十四 和田勇―祖国にオリンピックを招致
  • 四十五 長岡花火『白菊』
  • あとがき

購読はこちら