出版事業

日本武道館発行の単行本

柔道はすばらしい

柔道塾紀柔館館長
腹巻宏一 著

ユニークなスタイルで運営されている和歌山の町道場(柔道塾紀柔館)。柔道と勉強の両面指導、創意工夫の指導法などを紹介。

四六判・上製・310頁
2,400円+税
内容
  • ■序章 全人教育をめざす柔道塾
  • 第1節 柔道塾開設の経緯
  • 第2節 新規事業として柔道塾を立ち上げるまで
  • ■第1章 道場運営の実践例
  • 第1節 柔道クラスと勉強クラスの授業内容
  • 第2節 小学生のクラス編成
  • 第3節 柔道塾での座学
  • 第4節 独自の指導法を発揮する指導者たち
  • 第5節 紀柔館〈エコクラブ〉
  • 第6節 柔道クラブとしてのさまざまな行事
  • 第7節 町道場の国際交流
  • 第8節 「道場を建てる」ということ
  • ■第2章 教育的観点からの試合本来の意義
  • 第1節 塾生にとって一番は何か
  • 第2節 全国少年柔道大会
  • 第3節 小・中・高校の柔道大会
  • 第4節 感性を磨く錬成大会とは
  • 第5節 心をはぐくむ指導者・保護者の一言
  • ■第3章 指導者が学ぶべきこと
  • 第1節 職業として柔道を指導する意義
  • 第2節 国際柔道連盟セミナー
  • 第3節 柔道の講習会・研修会
  • 第4節 禅と柔道
  • 第5節 柔道クラブの危機管理
  • ■第4章 高感度受信装置を持つ、発信型人間に
  • 第1節 柘植俊一先生の『反秀才論』
  • 第2節 柔道の科学的研究と現場への応用
  • 第3節 町道場とインターネット
  • 第4節 大学の教養教育としての柔道
  • 第5節 合気道を柔道に生かす試み
  • ■第5章 町道場の可能性
  • 第1節 「後継者を育てる」ということ
  • 第2節 町道場の可能性

購読はこちら